マヌカハニーのMGOとは

マヌカハニーの抗菌活性物質はMGO(食物メチルグリオキサール)

という事が発見されました。

マヌカヘルス・ニュージーランド社のマヌカハニーは

この含有測定法を用いてMGO含有量を測定し

MGOマヌカハニーとして登録商法を取得しているんです。

つまり、抗菌作用のグレードを指数として格付けしているんですよ。

なので、初心者の方でもこの指数を見れば抗菌作用が

どれくらいあるのか一目でわかるという事なんです。

MGO数値
30+   栄養補給を意識した通常レベル
100+   健康な日常生活に役立つ
250+ 抗菌作用が認められるMGO抗菌活性レベル
400+  消化作用に役立つMGO抗菌活性レベル
550+  最優良なMGO抗菌活性レベル

マヌカハニーは、1kgに20mg〜800mg以上の

MGO(食物メチルグリオキサール)が配合される唯一の食品なんです。

一般的な蜂蜜は0mg〜10mgですから、マヌカハニーの

抗菌作用がとても高い事がわかりますよね!!
>>マヌカハニーの詳細はコチラ!

タグ:マヌカハニーとは マヌカハニー効果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。